魚のかす漬け・みそ漬け  

魚の粕漬け、味噌漬け

魚をしばらく食べないと、
精神のどこかがヘンになって来ます。

それが海外に出る時の痛さ。

何かを食べて腹がパンパンになってもね、
「何かが」足りないんですよ。

飢えが満たされてないわけです。

もちろん栄養上の飢えではありません。
「日本人としての心」の問題になりましょうね。

心の問題だからと放置はできません。
昔から「病は気から」と申します。

たんに栄養を満タンにしても、「元気」にはなれない。
自動車ではありませんからね、ヒトは。

むろん海外にも魚はございます。
というか、日本で食べられてる魚も大半はガイジン。

それを食べると、当たり前ですが胃袋は膨れます。
ですから理屈上は海外でも問題は無いはず。

けどね、「飢え」はおさまらないのですよ。

「日本で」食べたいのです。

そして「魚といえば三陸」なのです。

おいらが好きなのはグジやエボの一汐。
青魚のじゃじゃ馬ぶりも好きですが、やはり女は控え目で品がないとね。年増にゃそれなりの魅力ってモンがありますよ(何の話をしてんだか 笑)

ところが、一汐干よりも郷愁を誘うモンがあるのです。
それが味噌漬けや粕漬けを焼いた奴。

あの魚の脂と発酵薫が混合した鼻をなでる匂い。

たまりませんね。

あれが頭に浮かびますと、
飛行機が787でもいいから(←
飛び乗って帰りたくなるのです。

西京焼きも良いが、「魚は三陸」
いわき市小名浜の『釜庄』さん独特の「魚漬(うおづけ)」は、先代社長が「金波銀波魚漬」と命名したそうです。

これがその金波銀波魚漬

金目鯛

銀ダラ


銀鮭





名代 釜庄の『金波銀波魚漬』

いやぁ~旨そうですなぁ。

炊きたて熱々ごはんと一緒に・・・・

いや、【又兵衛大吟醸 】と一緒に。かな(笑)

Comment

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.