ウニの貝焼き  

うにの貝焼き

生ウニはかなり濃厚です。

そういうモノは少量だと甘みと旨味を感じますが、
量を食べると、後をひきます。

すくなくとも、「さっぱり」はしません。

ご飯で希釈する「ウニ丼」にしても同じですね。
かなりの量の生うにですから、重くなる。

「少し食うから美味い」ということです。

ところが、海の住人達は、その昔「ウニが大量にとれた」日が時々あり、「そればかり食わなきゃならない」という場面があったと思われます。まぁ遠い遠い昔でしょうけどね。

先ほど書いたように、生でばかりは食える量に限りがある。
そこで「色々工夫」したのでしょう。

たとえば、ホッキ貝の貝殻にてんこ盛りして焼くとか

名代 釜庄

なんとも単純素朴、そして豪快(^_^

こうしたモノは火を入れますとボソボソの口当たりになってしまいます。
生の時のソフトさを失うのですね。

なので、火加減が難しいところ。
中心まで完全に火を通しますと、切ないモンがある。

そこらへんは「蒸し」の技術などを使い、うまい具合に仕上げて商品にしているようです。

うにの貝焼き 名代 釜庄

貝殻にのっているからと、そのまま食べる必要はなく、ウニだけ外してご飯とまぶすとかすると美味いでしょうね。

この商品はバフンウニかムラサキウニを使っていて、二つとも高級なウニですからお値段は安くありません。

地元いわき市でも1個二千円くらい。
まあ、数個セットで5千円以上にはなる「高級食品」

ところが、紹介しています釜庄さんのコレは一個420円だとか。「正体不明の変なウニ」を使っているのではく、ロシア産バフンウニ使用。

ロシア産と言うとね、実質的には「国産」と同じです。
それ使って2~3千円で売っているのが普通ですから、釜庄のコレは良心的だと思います。

酒の肴にする場合は、貝殻のまま食べるのが風流。
そのまま粒をつまみながら食べたり、お好きな様に工夫して食べるものいいでしょう。


名代 釜庄 うにの貝焼き

一例ですが、アワビやサザエをナニするみたいに器に塩を盛り、その上に貝殻をのせると安定します。 その塩にアルコールを振っておき、そのままの味に飽きたら、ウニにちょこっと塩をつけて、盛り塩のアルコールに点火。その火でさっとウニの表面を炙る。

ま、よけいなこってすが (~_~;ゞ

どうせなら酒も『大七 雪しぼり 』とか。
なければ特別純米の生元造りあたり。

Comment

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.