莫大海  

莫大海

和食材料

莫大海 (バクダイカイ)は、アオギリ科(アオイ科)の落葉高木樹である「伯樹(ハクジュ)」の乾燥果実です。 (※主に中国産で「胖大海(ハンタイカイ)」ともいいます)

小さな果実が非常に大きく膨張することから「莫大海」という名がついたも云われます。

通常は「ばくだい」とも呼んでいて、主にお造りのツマに使用します。

水やぬるま湯、あるいは番茶などに浸け落し蓋をして戻し、皮と仁(タネ)を除去して海綿状に膨張した外種皮を使用します。

酢の物や寄せ物に使うこともありますが、それ自体に味はありませんので、独特の口当たりを壊さぬように配慮しつつ調味で加減します。



莫大海 (ばくだいかい)


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.