アイゴ  

藍子

和食材料

アイゴ(藍子)は、異名の「バリ」(「小便くさい」の意)に表れているいるように、磯臭がある。

新鮮なものは身質がよく、各地で食べられています。

沖縄では「マーエー」として(普通はアイゴ類の総称である「エーグァー」と呼ぶ)「マース煮」(塩煮)が定番の様です。また塩辛の「スクガラス」はアイゴ類のゴマ、シモフリアイゴ、アミアイゴ等の塩辛。

毒鰭には注意。




瀬戸内産 活〆天然アイゴ

標準和名: アイゴ (藍子)

地方名: バリ、アエ、アイ、イタイタ、ネションベン、ヤアノイオ、スクなど。

産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)

皮と内臓に磯臭さがあり、好き嫌いが大きく別れますが、身が締まっていて美味な白身魚です。臭いが気になる方は、皮と内臓を取り除いて調理してください。

身は癖が少なく、上品な味です。洗いにするとスズキを凌ぐほど美味!

地方によっては「アイゴの皿ねぶり」と言われ、皿まで舐めてしまうほど美味な魚として人気があります。

瀬戸内の天然活魚 はりかい



沖縄県産 エーグヮー(アイゴ)








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.