イセエビ  

伊勢海老

和食材料

イセエビ(伊勢海老):エビ目イセエビ科イセエビ属
別名「カマクラエビ」
イセエビは歩行するタイプのいわゆる「海老」になります。
(※遊泳タイプの小エビ類は「蝦」と表記

クルマエビと並んで高級エビの代名詞なっており、特に伊勢は鎧兜で身を固めたような立派な姿から昔から祝い事に欠かせせない。

身はもちもちして弾力があり、甘味も強い。
姿盛りのお造りにしたり、汁にしたりするのが一般的ですが、カニと同じく、一番美味しく食べる方法は「蒸し」だと思います。やり方もカニと同じで、暴れないようにしばってそのまま15分程度蒸すだけ。味付けもしません。カニやエビはそれ自体が持つ塩分で最高の甘みが出るからです。

産卵期は夏ですが、出回るのは晩夏から秋。
夏から秋が旬だということです。

※現在は世界中から輸入されるため、「食べごろ」という意味での旬は消えてますので、これは国産限定
最需要期は正月を控えた12月です。

イセエビ属は南半球のミナミイセエビ属を含め世界中に分布しておりますが、日本国内で「伊勢海老」と呼ばれるものは【かのこいせえび】【けぶかいせえび】【ごしきいせえび】【にしきいせえび】【しまいせえび】などを指しており、これは茨城県あたりから南限は台湾あたりまで。これらはそれぞれ斑紋などに特徴があるため、専門家は簡単に識別できます。

それ以外の「イセエビ属」「ミナミイセエビ属」はロブスターと称しますけども、活で輸入されたりする物もあり、一般人が識別するのはまず無理ですね。

こちらもお読みください:ロブスター

ましてボイルした物だと専門家でも見分けるは難しいでしょう。したがって業者のモラルに任せるしかない状態です。

しかし、冷静に考えてみますと、国産の伊勢海老が輸入よりも特別に美味しいというのは間違いであって、オーストラリラ等の物が総合的に上だったりするのが事実です。それでも国産信仰は根深く、「実質を越えてブランドがひとり歩きする」という現象が消えません。ここらへんに「偽装表示」が氾濫する因子があるのでしょう。

※輸入物もイセエビ属であり、別称がイセエビとなっているものが多いので、「伊勢海老」と表記しても偽装でも誤表記でもありません(ここが様々な名称がある食材の困った点ですね)



伊勢海老



伊勢エビ一覧


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.