ロブスター、オマールエビ、ザリガニ  

ロブスターとオマール

和食材料

大型の歩行型エビ全体を、ロブスター (Lobster)と総称します。

日本のイセエビのようなタイプはSpiny lobster(スパイニーロブスター)

伊勢海老

狭義には同じイセエビ属で外見上はまったく日本の伊勢海老と同じに見える「アメリカイセエビ」「「ヨーロッパイセエビ」「オーストラリアイセエビ」、それに「ミナミイセエビ類」、これらのものをロブスターと言います。

オマールは、アカザエビ科ウミザリガニ属の「アメリカンロブスター」など大きなはさみ脚を持っているもの。

つまり、はさみ脚のある大型はオマールエビ。ハサミがないものがロブスターと呼ばれます。

しかしオマールもロブスターと呼ばれるので、総称なのです。


ロブスター

オマール海老

蝲蛄(ザリガニ)

エビ目ザリガニ科アメリカザリガニ属

アメリカザリガニ(蝲蜆、蝲蛄)は食用としてよりも子供のペット的な存在。
もともと食用ガエルの餌として日本に移入したものが野生でも繁殖し、夏になれば子ども達がつかまえるようになりました。可愛いものですが、もちろん食べられます。

最高のダシが出ますので「エビ汁」が絶品。スープのほか、ソースのベースにもなります。和食で使う場合は丸揚げにして前菜といった感じでしょうか。


ザリガニ








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.