シシャモ  

柳葉魚

和食材料

シシャモ(柳葉魚)は北海道の太平洋側でのみ漁獲される希少な魚で、その絶対量は少なく、生の鮮魚はほぼ産地のみで消費され、流通するシシャモの大半は干物になります。

また、「シシャモの干物」として売られている品は、道東産のシシャモではなく、「カペリン(カラフトシシャモ)」か「キュウリウオ」です。したがって噴火湾や釧路で穫れた本来の意味のシシャモは【本ししゃも】として販売されているのが実情です。

晩秋のほんの一時期(11月前後)に、川に入るシシャモを漁獲し、大半は干し物に加工され、ごく一部が鮮魚として地元の寿司屋などで刺身や握りにされます。

塩干を焼いたものが美味しい魚で、干物として珍重されますが、ここでは生のシシャモを紹介します。もちろん干物ではできない天ぷらや南蛮漬けなど料理の範囲が広がります。秋の終わりの献立に。



生シシャモ メス 北海道白糠産








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.