テナガエビ  

手長海老

和食材料

子供の頃このエビを川でつかまえて食べた経験をお持ちの方はけっこう多いのではないでしょうか。
産卵期は初夏から9月半ばまで。
秋の声をきいたころが旬で、冬には成長が止まります。


お手元に届く四万十川天然手長エビの名称は、ヤマトテナガエビ。
体長は7~9cmほどで、挟まれると結構痛い
大きく立派なはさみを持っています。
エビ独特の臭みがほとんど無く、海水で育つ海老が苦手な人にも川えびは好まれています。

噛み応えのある「カラ」が苦手な方は、解凍後、塩茹でをし殻を剥いてお召しあがりいただけます。 揚げた場合は油から取り出し、熱いうちに塩をまんべんなく振ってお召し上がりください。川エビ本来の味をよりいっそう楽しむことができます。
くるッと曲がった腰に詰まった身は想像するより詰まっていて、噛めば噛むほど美味い!!

MADE IN TOSA物産


高知県/四万十産 天然手長えび


手長海老・スカンピ 一覧








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.