ハマフエフキ  

浜笛吹

和食材料

ハマフエフキ(浜笛吹)は笛吹鯛の一種。
西日本では「くちび」と呼ぶこともある。

フエフキダイも含めて本土ではほとんど流通には乗らないが、南西諸島、とくに沖縄県においては重要な食用魚であると同時に、釣りの対象魚として絶大な人気がある。

沖縄では「タマン」と呼ばれている。

年季の入った釣り師の自宅には驚くほど大きなタマンの魚拓があったりするが、巨大な人口と本土からの観光客で賑わう沖縄本島において磯で釣り上げるのは至難の技である。

臆病で用心深い肉食性の魚であり、めったな事では岸から釣れない。サンゴ礁向けの手の込んだ打ち込み仕掛けも、大概は空振りに終わるもの。本島では沖に出ないとまず釣果が出ない。

しかし、掛かると強烈に沖走りする強いヒキは、磯釣り師たちを魅了してやまぬようである。

やや水分の多い白身だが、新鮮なものは刺身で美味い。



タマン(ハマフエフキ)


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.