ハマグリ  

和食材料

ハマグリが二枚貝全体の呼称だったのは遠い昔の事。

「はまぐり」というのは古来二枚貝全体を指す言葉でした。それは「蛤」という字に残っております。

自然の海岸線の消滅で瀬戸内と九州の極一部を除き国内のハマグリはほぼ絶滅しています。
今国内で流通しているほとんどは「シナハマグリ」という種で殻に艶がありません。しかし種苗を国内の浜で育成しているのでこれも「国産」になります。

最近「白はまぐり」の名で千葉県産のものが多く出回っているのはハマグリとは関係のない北米産のホンビノスガイ

加工用にはベトナム産の「ハンボリハマグリ」

「チョウセンハマグリ」は名前の通り「朝鮮産」という意味ではなく品種の事です。
国内で育ち美味しい事が知られていてこれは「国産」があります。

「地はまぐり」の表記は輸入物には禁止されています。

なにもかも国産が良いと言うつもりはなく、昔を懐かしんでいる訳でもありませんが、一度はやはり地ハマとはどういう味なのか食べてみておいた方がよいと思います。

同じ科の「ちょうせんはまぐり」「しなはまぐり」
※「ちょうせん」とは韓半島を指す言葉ではなく、「変わっている」という意味であり、味も悪くはない。貝殻の色は濃い目。
※「シナハマ」は少し味が落ちる。
シナは貝殻に「Wの連続模様」があるので見分けられる。



地蛤

地蛤「じはま」とは純日本産のハマグリを指す呼び名で、貝殻全体に光沢(艶)があり、厚みがあり、身がふっくらと大きく身質も柔らか!噛むほどに広がる旨味が格別な逸品!
量販店などでたくさん売られている輸入物とは別格のハマグリです。
さかなのデパート三栄



三重県産桑名産 天然大はまぐり


桑名で水揚げされた、天然のはまぐりは、桑名市にある赤須賀漁港に集められます。漁は、資源を守るため週3回、漁師1人30kgまでと漁獲制限があります。雨天の場合は、禁漁となります。桑名産はまぐりの特徴は、内湾で獲れるため、外湾(鹿島灘)のはまぐりに比べ、貝殻が薄く、身は肉厚で柔らかいと言われています。
しかし、鹿島灘はまぐりに比べ、漁獲量が少ないため、国産はまぐりの中でも大変貴重とされているのです。
はまぐり屋








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.