ホタテ貝  

帆立貝

和食材料

帆立貝(ほたてがい)はイタヤガイ科に属する二枚貝。

イタヤガイ科の仲間は数種あるが、ホタテは低水温を好むため北の海でしか繁殖できないので、南方系はホタテとは別種になります。

東北より北で盛んに養殖され、出回っている居るホタテの殆どは3年貝くらいでサイズは12~13センチ。 オホーツク海産の天然物は20センチほどになる。

「美味しくなる時期」、つまり旬は冬から春。

※外見がよく似た貝に「いたや貝」「あかざら貝」「ひおうぎ」があります。
ヒオウギ(檜扇)の特徴は赤・黄・橙・紫の殻色。
帆立の主産地が北海道であるのに対し、ヒオウギは千葉県から南に棲息する貝です。



北海道直送 帆立 【活 殻付き】



三重伊勢志摩産あっぱっぱ貝(ヒオウギ貝)


ホタテ一覧








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.