ホッキガイ  

北寄貝

和食材料

ほっきがい(北寄貝)といのは実は俗名。
正式な和名は「うばがい(姥貝・雨波貝)」と言います。これはおそらく貝殻の様子などからの命名でしょう。 寒い北風で海岸に打ち寄せれることから北寄貝。
この名前の方が通りがよく、姥貝という名は知らぬ人が多い。
(名称に関しては、下の説明のように異説も多い)

俗に「舌」という部分を寿司種や刺身にします。
さっと加熱すると淡紅色になり、この状態で売られてたりします。

産卵期は6月ごろで旬は春。


ホッキ(北寄)貝の正式名称は、ウバガイ(姥貝)ですが、一般的にはホッキ貝の名で広く知れ渡っています。その名前はアイヌ語に由来すると言われ、漢字の「ホッキ貝」は当て字といわれています。 名前の由来は、北海道などで採れる「北に寄った」貝であるためホッキ貝と言われたという説もあります。

ホッキ貝は、甘味があり、シコシコとした歯ごたえがあり、旨みをたっぷりと含んだジューシーな味わいが魅力的。肝機能や動脈硬化の改善など成人病予防に効果のあるタウリンや、旨み成分であるグリシンやアラニンが多く含まれていて、栄養面でも優れた特徴を持っています。

食べ方色々です
主な食べ方は、生のまま刺身にしたり、鮨ネタにされ、他には、殻焼きやホッキご飯、ホッキカレー、煮物、和え、蒸し物にしても美味しい。熱を通すと足先の色が黒褐色から鮮やかな橙紅色に変わります。
【かにのマルタツ】


活北寄貝(ホッキ貝) 1kg 北海道直送!



ホッキ貝 お刺身用 特大 ホッキ貝むき身一級品1kg

ホッキ貝 お刺身用 特大 ホッキ貝むき身一級品1kg
この商品は、鮮度を保つため急速冷凍してお届け致します。食べる直前に解凍してお召し上がり下さい。
弾力のあるシコシコ食感と噛むほどに広がる旨みが抜群!1粒ずつバラ凍結だから食べる分だけ解凍可能!
【越前かに職人 甲羅組】


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.