アコウ  

雉羽太

和食材料

雉羽太(きじはた)は、関西では「あこう」又は「あこお」と呼ばれます(九州の一部ではアカアラ)。「赤水」との別称もあります。

煮付けなど加熱調理でも美味いですが、はぜるような白身はお造りにしても絶品。旬が夏ですので、涼し気な姿盛りなどにすると良いですよ。寿司の種として握っても旨いです。

地域によって「アコウ」は「アコウダイ」を指すこともありますので、注意が必要です。

アコウと赤魚の違い



活きアコウ


【活〆】天然 アコウ・キジハタ

岡山県宇野港・直島沖の瀬戸内海で漁獲したキジハタです。「夏のフグ」とも呼ばれるほど高級魚として珍重されている魚ですが、活けのキジハタはこの上ない超高級魚。
 造り・煮付けで食べても美味しいですが、アラからは最高のダシが出ますので鍋料理にも適します。身はややピンク色をした白身で、刺身ではさっぱりと食べられますが、熱を通すと「ボンッ」と跳ね返る弾力があり、旨みもしっかりあります。煮付けでは皮まで美味しく、残すところのない魚です。瀬戸内海で鍛えられた身の締りと一味違うキジハタの旨みをご堪能下さい。
久兵衛



アコウ 山陰浜坂港

白身の横綱とも称されるアコウは身が締まって、脂がのってるにもかかわらず、あっさりとしたあとくちで、上品なお味の魚です。 関西では高級魚として名高く人気のある魚です。
毎日漁港へ目利き一筋!かにの山米


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.