ホヤ  

海鞘

和食材料

ホヤ(海鞘)は、なんとも奇妙な海産物です。
植物のようにも見えますが、もちろん動物です。
動物ともいっても貝やナマコの類ではなく「尾索動物」の一種。

※ナマコに似た匂いがあり、ナマコの腸線とホヤを合わせた「莫久来(ばくらい)」という塩辛があります。

主産地は三陸で、養殖もされています。
一般的には「マボヤ」がほとんどですが、「赤ほや」もあります。


真ボヤ

『海のパイナップル』と呼ばれ、その独特の旨味が通の心を掴んで離さない「ホヤ」。
いくつもの海の幸を育む三陸の海はホヤも例外なく美味しいんです。 朝揚げの物だけを直送致しますので鮮度も抜群!鮮度が違うと味も違ってきますよ。
ホヤが嫌いだった人が三陸のホヤを食べたらヤミツキになってしまった程!
磯の香が心地よい『朝揚げホヤ』ぜひ一度ご賞味ください。
新鮮な物ですので是非とも『お刺身』で!
独特の食感と味。そして磯の香は、一度食べたら忘れられなくなっちゃいます!
:ちょっと御馳走屋・おかせい




三陸産ホヤ

赤ホヤ

冷たい海にしか生息できない赤ホヤ。赤ホヤで有名な北海道の主な産地は、稚内と根室。
ともに海水温の低い自然環境の厳しいきれいな海であります。
その過酷な自然のなかで滋養分豊富な海のエキスをタップリ含んで育つ天然の赤ほや。
真ボヤと違う、大きな特徴は、まず、ほやの表面にデコボコがないこと。



食べると、真ボヤのような磯臭さが極めて少ないので、磯臭さがお好みの方には少々物足りなく感じられるかもしれませんが、真ボヤも獲れたてのときは、あの磯臭さが少ないのですが、赤ホヤは渋みも極めて少なく、多くの方に“おいしい!”と喜んでいただけると思います。
北海道の味覚大全集 温泉市場


根室・稚内産【天然】活赤ホヤ








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.