ケガニ  

毛蟹

和食材料

ケガニ(毛蟹)はクリガニ科のカニで北海道の名産。

別名大クリガニ。

似たカニに科の違う「クリガニ」がいて、毛蟹として売られたりしていましたが、明らかに見た目が違う(クリガニは極端な菱型)ので見分けられます。

日本海は山陰あたりまで分布し、太平洋側は三陸から北の海に広く分布。

「ケガニが一番味が濃い」
カニ好きの人がよく言う言葉です。

少々食べづらいものですが、やはり旨味は抜群ではないでしょうか。カニミソたっぷりの甲羅酒の楽しみもありますしね。 少し大きめの毛がにを選んだ方がよさそうです。

毛がにの主産地は北海道で、噴火湾、釧路・根室、日高、十勝、オホーツク海沿岸などが主産地ですが、それぞれに漁期が異なるため1年を通して出回っています。

一般的に毛ガニの旬は冬だと思われていることが多く、この時期に需要も増すのですが、北海道の漁場の多くは夏7月が漁期になっており(場所で漁期が違います)、冬から春の脱皮時期の漁は避けられます。

極めて大雑把に言うと、オホーツク海産の旬は夏、多くの北海道沿岸での旬は冬。
ロシアの領域からの水揚げが多い現状からすれば、今は夏物が主体と言えるかもしれません。

なんであれ使用者側からみれば冬の商品です。

夏、秋に沖合にいて、冬になると産卵のために沿岸に近づくカニなので、旬は冬場と言えますが、大事な資源なのでこの時期の捕獲を避けているわけですね。もし子持ちを大量捕獲するようになれば、成長の遅いカニはたちまち絶滅するでしょう。

我々消費者が毛がにを選ぶ基準は、産地や時期ではなく「ランク」だと考えたほうが良さそうです。黒毛和牛などと同じように、その道のプロが選択してランクを決めていますので我々の判断よりも確かだからです。



北海道産毛ガニ 業界最高水準3~4特


毛がに一覧








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.