マナガツオ  

和食材料

マナガツオ(鯧・真魚鰹、真名鰹)はスズキ目でイボダイに近い魚。
生態や身質がカツオに似ていることからの名前であり、それ以外にカツオとの関係は無い。6~7月に内湾に入り産卵しますので、旬は晩春から夏場。

主に関西で珍重され、関東ではあまり馴染みがありません。しかし食味もエボダイに近く、とくに西京漬けで美味。




瀬戸内産 天然まながつお

関西では懐石料理などに用いられる白身の高級魚。
「西国にサケなく、東国にマナガツオなし」(和訓栞)と言われ、瀬戸内の夏を代表する魚の一つです。 刺身で食べるのが一番ですが、煮付けや照り焼き、味噌漬けも絶品。白身でクセがなくやわらかな身なので、蒸し物、揚げ物にも合います。
冷凍しても味が落ちにくい魚です。
瀬戸内の天然活魚 はりかい








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.