メゴチ  

鼠鯒

和食材料

メゴチ(鼠鯒)は天ぷらの素材としてよく知られます。釣りをする方には外道としてお馴染み。

しかし「メゴチ」という魚はコチの仲間で違う魚。

我々がよく知っている「天ぷらのメゴチ」は、【ねずみごち】というのが本当の名前です。

何でコチ科の魚の名前で呼ばれようになったのか・・・

よく分かりませんけども、こちらは「ネズッポ科」なのです。

まぁ、兎も角「メゴチ」はメゴチです。本当はネズッポのネズミゴチだってのは知識だけにしておけばよいということでしょうね。ハッカクとマゴチのあいのこみたいなコチ科メゴチなんぞほとんど出現しませんので。

ヌメヌメが鬱陶しくて釣っても捨ててしまう方が多いのですが、天ぷらが美味いのでもったいないです。
ザルを持って行くと良いでしょう。地面にぬめぬめメゴチを置き、ザルをかぶせ砂でも(塩でもいい)かけ、サイコロでも回すみたいにしてやればヌメリは取れます。


きす・めごちが最も一般的な材料ですが、ほとんどの天ぷら屋さんでは開いてから冷凍をした中国の輸入物を使っています。

食べた食感に違いが無いのも当たり前でしょうか。
そこで大野水産がご紹介するのは 「生」のメゴチ。
有名な天ぷら屋さんが使っているものと同じもの。あとは揚げる腕前でしょうか?
少しコシがあるめごちは生ならですね!
愛知の約50gと大型のものを天ぷらができるように開いてお届けいたします
築地 大野水産


メゴチ(4枚)



めごち


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.