手長ダコ・島ダコ  

手長ダコ・島ダコ

和食材料

手長ダコは韓国料理にておなじみ。
マダコ同様夏場が旬ですが、一般にはあまり流通しません。

一方の「島ダコ」ですが、これは沖縄でお馴染み。
しかし、この島ダコ。手長ダコの1種なのかどうかよく分かりません。似てはいるのですが、はっきりと手長だと言い切れないのです。

「手長ダコなんかよりも島ダコの方が美味い」
「シマダコは沖縄にしかいない」
友人達はそう言い張るし、「う~ん」と唸るのみ。
※内心は手長の類だと思っているからです。

実際のところ、これは何ダコか?
まず和名「しまだこ」は別のタコで、これは縞模様があるので分かります。
(この模様が入った「日本名シマダコ」も、沖縄の市場にあったりする)
(この場合のシマは体表の紋のことで、しまだこの島とは意味が違う)
(ややこしいことです 笑)
姿、形、模様などからコレだと思えるのは【わもんだこ】です。たぶんワモンダコだと思うのですが、確信はありません。

ま、そのへんは兎も角、確かに味が濃くて美味い蛸です。食味はマダコに勝るとも劣らない。

沖縄本島では「ウムズナー」と呼ぶようですが、実際は沖縄でも「シマダコ」の方が通りがよく、ウムズナーが何か分からない若い人もいます。

島ダコは八重山では「ムンチャー」と呼ばれまして、秋頃がシーズン。




瀬戸内産 天然手長だこ

名前の通り手(脚)が長く、煮物やおでんに入れると美味しい小型のタコ。
身が柔らかく、プリプリとした食感で美味。
韓国料理でよく用いられています。特に、生きているテナガダコの足をぶつ切りにして踊り食いする「サンナクチ(サンナッチ)」が有名。
瀬戸内の天然活魚 はりかい


島ダコ(ウムズナー、ムンチャー)







Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.