ブリ  

和食材料

ブリ(鰤)は出世魚の筆頭株。
「わかし」→「いなだ」→「わらさ」→「ぶり」
※ワラササイズをハマチと呼びます(主に養殖)

冬に旬をむかえることから「寒ブリ」と称します。

不飽和脂肪酸が豊富な魚で、DHA、EPA、パルミトオレイン酸が沢山。

寒ブリは非常に脂がありますので、刺身には一工夫したいところ。
塩ずり、炙って冷水にとる、湯霜にする、などですね。


 七尾沖もしくは氷見沖で水揚げされた天然鰤をまるまる1本お届けします。

 冬の日本海といえば、なんといっても寒ブリ!
 11月下旬頃から北陸沿岸で吹き荒れる暴風雨と、毎晩のように鳴り響く雷。これを「鰤起こし(ぶりおこし)」と呼び、この鰤起こしを合図に日本海を回遊している鰤が獲れ始めます。

 海が荒れると鰤が獲れると言われていて、脂が乗り、身が引き締まった天然寒ぶりは刺身・ブリしゃぶ・塩焼きに照り焼き・ぶり大根・・・と楽しみ方いろいろ。

のとコム Yahoo!店


北陸産天然ぶり 七尾沖・氷見沖


寒ブリ 一覧








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.