ブダイ  

武鯛(イラブチャー)

和食材料

ブダイ類は亜熱帯の島嶼部、特に沖縄で食用魚となっている。
本土でも西日本以南で釣れる種もあるが、食用というよりも「観賞魚」「釣り魚」としての比重が重く、稀にしか食べられず市場に出ることも殆ど無い。

新鮮なものは、はぜるような真っ白い白身であり、酢味噌や酢醤油、あるいは生酢などで食するのが一般的。

那覇市の市場に行けばまず必ずブダイが置いてあります。
しかし地元沖縄でも、「グルクンは食べれてもイラブチャーはちょっと・・・」という若い人が多くなっているようです。

ブダイにも数十種類いて模様などが違ってきますけども、ヤヤコシイので「青いのはイラブチャーかオーバチャー」、「褐色系はアーガイ」という感じで、アバウトなものです。

ちなみに額にコブのある奴は「ゲンナーイラブチャー」と言いますが、ゲンナーとはおそらく「げんのう(金鎚)」。つまりカナズチで叩いたようなコブがあるってことでしょう。


イラブチャー

ゲンナーイラブチャー

沖縄厳選グルメ専門店 山将



ゲンナーイラブチャー(ナンヨウブダイ)

アーガイ(ヒブダイ)

沖縄鮮魚えびす丸


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.