カサゴ  

笠子

和食材料

カサゴ(笠子)は、浅瀬にもいれば深場にもいる。
色や模様は様々で、種類の判別も難しい。

春のメバルにも似ているが、口の大きさ頭のゴツゴツ感で判別できる。

ややこしい地方名が多く、岡山では「赤メバル」と呼ぶし、岩手ではユメカサゴを「のどぐろ」と呼ぶ。その他「あらかぶ」「がしら」「ほご」などとも呼ばれる。

どの種類のカサゴでも、身のしまった美しい白身である点は共通。
冬から春にかけて美味くなる魚。


瀬戸内

標準和名: カサゴ (笠子)
地方名: ガシラ、アラカブ、ホゴ、アカメバルなど。
産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)
身が締まっていてとても美味しい磯魚です。
特に煮付けにすると格別の旨さ。
瀬戸内の天然活魚 はりかい


瀬戸内産 天然かさご 活け締め


日本海

カサゴは入荷量が少なく、食べる機会に恵まれない魚です。こげ茶色のものやオレンジ色のものや棲む場所によって体色が異なります。



白身魚で、見た目はごつごつとしていますが、とっても上品なお味です。
煮付け・塩焼き・から揚げ・味噌汁・吸い物・ちりなべなど幅広い料理にお使いいただけます。
一般的には、煮付けによく利用されます。
煮付けにすると骨離れがよく、とっても美味です。
まるごと唐揚げにしても口や尾っぽがカリカリとして美味しいんですよ
毎日漁港へ目利き一筋!かにの山米


カサゴ(かさご・ガシラ)【生】








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.