コブシメ  

コブシメ

和食材料

「コブシメ」は地方名ではなく正式名称(標準和名)です。
コウイカ科であり、甲イカの中でも非常に大きくなる(世界最大種)イカです。

亜熱帯のサンゴ礁海域にしか生息せず、南西諸島から南でしか穫れません。
沖縄(奄美地方も)では「くぶしみ」と呼ばれています。

また、「もんごういか」とも呼ばれ、本家モンゴである「カミナリイカ」よりも逆に美味いかもしれません。沖縄の市場でも高値で取引される高級イカです。

他の甲イカと見分けるのは難しいですけども、触腕の先、人間でいえば「手のひら」の形が半月状になっている点などが違います。また、オスとメスの違いも顕著で、やはりオスの方が「派手」です。

とはいえ、「地産地消」の典型であり、本土の市場まで来ることは殆どありませんが。


クブシミはもともと水揚げされる量が少なく、国内のイカ類漁獲量のほんの数%にすぎなく、地元沖縄で消費されるのがほとんどです。県外に出回ることがほとんどないので、市場価値がきわめて高いと言えるでしょう。

クブシミはきれいな生きたさんご礁にしか産卵しないため、クブシミが生息する沖縄の海は健康なちゅら海を象徴しているといえるでしょう。

巨大な見た目とは違って、味は大味でなく、身は甘く柔らかく旨みがギュッと凝縮された感じです。刺身やてんぷらが一番美味しいです。

沖縄厳選グルメ専門店 山将


(沖縄県産)クブシミ


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.