コウイカ  

甲烏賊

和食材料

和名「コウイカ」が、マイカ、スミイカ、ハリイカなどと呼ばれます。

和名「カミナリイカ」がモンゴ、ギッチョ、コブイカなどの別名。

現在は「スミイカ」も「モンゴ」もごちゃごちゃになって流通しており、魚屋も料理人もその違いが分からなくなっている感があります。
この手のイカ類はコウイカもカミナリイカも、ロールイカさえも、なにもかも全部「もんごいか」と呼んでいる状態ですね。

元々モンゴウイカ(紋甲いか)には、丸に一文字の目玉のような文様が入っており(なので別名をマルイチという)、この紋から紋甲烏賊という名前が付いたものです。その和名は「かみなりいか」

カミナリイカ(丸に一文字の紋が見えます)

→甲イカのさばき方


まぁ皮を剥いてしまえば、どれもこれも似たようなもんになりますので、これもいたしかたなし。なのかも知れません。


標準和名: コウイカ (甲烏賊)
地方名: ハリイカ、スミイカ、マイカなど。
産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)

関西では「ハリイカ」、関東では「スミイカ」の名で知られています。肉厚でコリコリと歯ごたえが良く、甘みがあって美味。

瀬戸内の天然活魚 はりかい



瀬戸内産 天然甲いか








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.