メジナ  

目品

和食材料

メジナ(眼仁奈、目品):スズキ目メジナ科

別名:グレ、クシロ、ヒコヤ、クチブト、くろいお

関西呼びの「グレ」でお馴染みの磯釣り魚。
タイ科の魚のような姿とベラのような光沢が特徴。
同属の「くろめじな」は少し味が落ちる。

冬になると独特の磯臭も消えて美味くなります。
「めじなのタタキ」は高知の郷土食。
煮付けに塩焼きに、お造りに、冬のメジナは美味。
少し身が柔いが、味があり、皮を炙りにして刺身にするのも良いです。


標準和名: メジナ (眼仁奈)
地方名: グレ、ブレ、クシロ、クロ、アオイオ、黒目鯛など。
産地: 瀬戸内海 播磨灘 (兵庫県姫路市)

釣り人にはお馴染みの磯釣りで人気の魚です。
夏は磯臭さがありますが、冬のメジナは『寒グレ』と呼ばれ、臭みが抜け、脂も乗り美味です。

瀬戸内の天然活魚 はりかい



メジナ 瀬戸内








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.