シラウオ  

白魚

和食材料

しらうおは、吸い物、酢の物、卵とじなどに使う。

生きてる間は透明に近いが、死ぬと乳白色になる。
「白魚」の名はそこから。

踊り食いのシロウオとは別種。
(イワシ類の稚魚である「シラス」とも違いますので注意。シラスは白子、シラウオは白魚です)

南限は北九州で、北洋産が多く、春に産卵期をむかえ、冬の終わり頃が旬になる。

鮮魚はあまり流通しない(地元を除く)
ほぼ冷凍品である。

使用は寿司屋がメイン。

自然解凍、流水解凍して使用する。

昔は「春の滋味」とされ、冬の終わり頃から春にかけて産卵に向かう白魚を賞味した時代もある。

季節限定の生鮮白魚は珍しい部類。
卵とじ等は冷凍品で充分なので、ぜひ酢醤油で生食して、独特の甘味を賞味したいもの。



お刺身白魚(白魚)


子持ち白魚


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.