【茸】フレッシュトリュフ、生マッシュルーム、天然茸  

【茸】フレッシュトリュフ、生マッシュルーム、天然茸

和食材料

キノコの面白さは民族や地域で嗜好が分れるところです。 日本ではマツタケやハツタケなどのように香り、歯ごたえ、そして味。

欧米では味に特徴のあるハラタケやヤマドリタケ(ポルチーニ)、ジロール、モリーユなどが好まれます。もっとも「食卓のダイヤ」トリュフも独特の芳香、つまり香りが特徴ですが。

フレッシュトリュフ

希少な白トリュフと最高級トリュフとされるペリゴール産のトリュフ



フレッシュ 白トリュフ アルバ産



フランス産★生・冬トリュフ(フレッシュトリュフ)


トリュフは別名「西洋ショウロ」で、日本人にはその「ショウロ」の方が口に合うと思うのですが、海岸のクロマツ林自体が見られなくなった現在、『松露』はもうほとんど幻になってしまいました。


茸とは動植物の亡骸から栄養を摂取する菌類の中で胞子を作る大型の器官『子実体』を持つものを指しています。 菌が動物なのか植物なのか微妙なところで、食材としては八百屋が扱いますけども、一応野菜とは区分され「きのこ類」としての扱いになります。

種類は世界で約1万種、日本では約3000種。
食用に出来るものは1000種ほどですが、好んで食べられるのはその三分の一くらいでしょうか。毒キノコは50種くらいです。
(毒キノコの見分け方には俗説が沢山ありますが、どれも科学的な根拠は無いので、確信の持てないものは食べないことです)
実際に店で目にする茸は数種類というところでしょうね。

日本人は大昔からキノコが大好きだった様で、日本書紀にもキノコに関するお国自慢が記されているほどです。
「わが古里の名物は栗茸とあゆ」

低カロリーで食物繊維が多く、たくさんの有効成分。
これらの事から人気は高まる一方で、30種類くらいの茸が人工栽培されていおり、シイタケ、エノキタケ、シメジ類、マイタケ、エリンギなどが人気があります。
世界全体でみるとマッシュルーム(ツクリタケ)がダントツで、次に「フクロタケ」、「しいたけ」という順番でしょうか。


スープや煮物に

ブラウンマッシュルーム

生で食べられる唯一のキノコ サラダなどに

ホワイトマッシュルーム


生きた樹木と共生するマツタケやハツタケなどは難しいので例外ですが、キノコ狩りに行った経験のある方は野生の天然生キノコが全国の流通に乗らない理由がなんとなく分かるのではないでしょうか。栽培でないとキツイものがありましょうねキノコ類は。

しかし、「旅の楽しみ」や「地方の独自性」や「自然保護」などの観点でみれば、栽培物の流通は悪い事ではないと思います。足を使ってこその楽しみってものがあるのです。

山菜もそうですが、都会に居ながらにして自由に入手できれば種の絶滅を招く結果になってしまうでしょう。

忙しい我々には簡単ではありませんので、秋の味覚を販売してくれる方には感謝しますし、ありがたいものですね。

天然茸

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.