木通ノ芽  

木通ノ芽

和食材料

アケビは甘い果実を食べるものとして知られる。

アケビ

その果皮は山菜料理としても使われます。

ここで紹介する「アケビノメ」はアケビの新芽。
この新芽を新潟や山形では「木の芽」と呼びます。
(木の芽と言う場合、一般的には山椒の芽を指しています)


山菜木の芽(きのめ)アケビのメは、当地方でどうしても食べたい山菜の1つです。量を取るのが大変なため市場価格も一番高値がつけられます。

<当地木の芽(アケビノメ)山菜レシピ>
☆ザット茹でて(崩れぬよう結んだまま)
・うずらの卵をおとし醤油で
・わさび醤油やマヨネーズ醤油で
・花かつおと醤油でその他色々おためし下さい。木の芽(アケビのメ)の、ほろにがい味わいとショキショキ感が旬(春)を伝えます。

酒と特産品 酒の小屋


天然物山菜木の芽(アケビノメ)








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.