【夏秋果樹】ビワ、キウイ、イチジク、ザクロ、アケビ、カリン、マルメロ、ナツメ  

【夏秋果樹】ビワ、キウイ、イチジク、ザクロ、アケビ、カリン、マルメロ、ナツメ

和食材料

枇杷(びわ)

ビワの旬は5月~7月。
中国南部や日本に自生し、中国では1500年前から、日本では1000年ほど前から食用にされています。
代表的な品種は「茂木」と「田中」
酸味が少なく、甘くて果汁が多く、皮も剥きやすい中生種の「茂木」が多く出回ります。茂木というのは、この種の発祥地である長崎県の村名。

田中は長崎産枇杷の実生個体から生じたもので、大きくて丸いのが特徴。やや糖度が落ち、酸味も残ります。
その他、「瑞穂」「大房」「森本」などの品種があり、これらはいずれも茂木より大果です。

健康成分としては、レチノール、カロテン、ポルフェノール、カリウムなどを含んでいます。



枇杷(びわ) 栃木産他



長崎県産 茂木びわ


ザクロ(柘榴)

旬は8月~11月
紅色に熟する秋が旬。
原産地はペルシャ地方(イラン)で、太古から栽培されていた。中国経由で日本に渡来したのは平安時代。

沢山の種子を覆う外種皮を食用にします。
この部分は品種によって白系、黄系、桃系と色が異なり、汁が多く甘みとさわやかな酸味があり、グラナデインの原料としても知られます。

果汁にはアントシアニン、果皮にはタンニンが含まれます。カリウムがかなり多めなのでデザートに最適と言えましょう。果実酒にもよいですね。



柘榴(ザクロ)

ザクロをカットすると種子がたくさん詰まっています。 食べるのはこの種子です。宝石の様に美しいザクロの種子を手で出して食べて下さいね。とうもろこしの粒の様にポロっと取れます。透けて見えている白い種ごとそのまま食べられますよ。
ザクロには不思議なパワーが…なんと不妊解消に効くとの噂が
ザクロに本当に不妊解消の効果があるのかを証明するのは難しいようですが、現実には不妊に悩む女性がザクロ、ザクロジュースを摂取し始めてから子供を授かったという喜びの声もたくさんあるんですよ。難しくいうとザクロに含有する物質が女性ホルモンに作用したものといわれています。
:vege-euphoria


イチジク(無花果)

旬は7月~11月
夏果と秋果があり、8月から10月にかけて熟す秋果が味が良い。
原産地はアラビア半島~小アジアあたりで、旧約聖書にも登場する。
日本には1600年代にポルトガル人が伝えた。

健康成分はビタミンEや、カリウム・カルシウムなどのミネラル。
生食の他、シロップ煮、ジャムなどに。 海外の料理では乾果がよく使用される。



イチジク「無花果」

「無花果」は花を咲かせずに実をつけるように見えることから付けられた漢語でいちじくという読みを付けています。 しかし実際には外から見えないだけで花嚢の内部に小さな花をつけています。 果実は秋に熟すと濃い紫色になり食用とする部分は果肉ではなく花托(かたく)です。
そのまま食べても美味しいですがパン・ケーキ・クレープ・ビスケット等の菓子類やスープやソースしても最高です。 体にも良く昔なつかしい味をお楽しみ下さい。
:vege-euphoria


キウイフルーツ

トロピカルフルーツの一種としても扱われますが、旬(収穫期)は秋です。

キウイは、今でこそ上位の果物として日常的に目にしますが、1960年代までの日本にはまったく存在していませんでした。1900年代初頭に、中国のマタタビを、ニュージーランドで育種したのが始まりだとされます。それが「ヘイワード」という品種のキウイです。日本に本格導入されたのは70年代になってからです。

現在のキウイは2系統に分かれます。

●デリシオサ系
一般のキウイは殆どがこの系統です。
果肉はエメラルドグリーンで、芯は白。
品種としては「ヘイワード」と「ノーブル」など。

●キネンシス系
少し変わった品種が多く、黄肉系の「ゼスプリゴールド」や「イエロージョイ」、芯が赤い「紅妃」。「センセーションアップル」など。

また、北米産の毛がなく小さなキウイ「アナンスナヤ」などは、アルダタ系になります。

キウイフルーツはビタミンC、E、B6が豊富で、ミネラルもバランス良く含み、有機酸(クエン酸・リンゴ酸)も多いので疲労回復などの効果があります。

※山野に自生するマタタビは、猫の大好物として知られています。殆どが山狩りで、店頭で見ることはほぼありませんけども、キウイとそっくりなマタタビ属「サルナシ」と同じく、ほんの少量ですが栽培もされています。



レインボーキウイ


皮ごと食べれるミニミニ【ベビーキウイ】

肉料理のあとはキウイのデザートがお勧め!
たんぱく質分解酵素のアクチニジンが含まれているので、肉と一緒に摂ると胃もたれを防いでくれます。 甘みが強く酸味が少なめです。
:vege-euphoria



【国産】ゴールデンキウイフルーツ


カリン(花梨)

旬は秋。
別名アンランジュ。長野ではマルメロと呼ぶこともあります。原産地は中国で、日本に伝わったのは平安期。

渋くて固いので、生食には向いていません。
砂糖漬け、ジャムやゼリーなどに。
ウメのように果実酒にする事が多いようです。
サポニンを含んでいて、マルメロと共に咳止めに効果があると云われます。



生かりん


マルメロ(榲桲)

旬は秋。
カリンと混同されますが、属が異なる別種です。
カリンほど固くないのですが、やはり生食よりも加工に使われる果実です。スライスして砂糖漬け、加熱してシロップ漬けなど。



北志賀高原のマルメロ


アケビ(木通)

あけび(木通、通草) 
アケビ科のつる性植物
とろりと甘い白く半透明ゼリー状の果肉は生食で、生では苦味のある果皮は油で炒めたり揚げたりと料理に使えます。
アケビの旬は秋です。



鮮やかな紫色が美しいあけび。
自然に割れた果実から半透明の果肉を口に運ぶと、ほんのり自然な甘さが広がります。
皮には苦味がありますが、山形では皮を使ったみそ炒めや肉詰めなど、そのほろ苦さも秋の楽しみです。
あけびはつる性の植物なので、ぶどうのように棚を作って栽培。
棚の雪降ろしや剪定など、年間を通して手間ひまをかけることで、より質の高いあけびが実ります。
完熟すると実が割れるため、実が割れる手前の絶妙なタイミングを見極めて収穫されます。
果肉はそのまま食べることができます。

種があるので少し食べにくいですが、すっきりとした自然な甘さです。
幼い頃、山遊びをした人にとっては思い出の味では?
皮は、みそ炒め、肉詰めなどでどうぞ。
今では、山形以外でも、旅館や料亭で料理として出しているところもあるそうですよ。
:清川屋


特撰大玉あけび


棗(なつめ)

生果であれば熟する秋が旬。

ドングリと似た姿のナツメは、大陸に広く分布しており、日本へもかなり早い時期に伝わっています。万葉集にも記述がみえるし、日本文化のそこかしこに「棗」という文字が出てきます。茶道具とか器などにも多いですね。

食材としては、生食用の果実は殆ど出回らず、ほぼ全てが乾燥品か蜜などに漬けたものです。
乾果の方がミネラルが増加しますので、主に「薬膳用」として使用されている現状にはそれでいいのでしょう。
しかし、甘酸っぱい生果はそれなりにフルーツとして楽しめますので、これから先需要が出れば流通するかも知れません。



大粒紅なつめ (大紅棗)

干してあるのでそのまま食べると少し固いですが、紅い薄皮をかじると中は意外にしっとり。 小梅のような甘酸っぱい香りで、味はリンゴに似ています。
くせのない味わいの実にはほのかな甘みがあり、中華・韓国料理に、またなつめ酒などと幅広くご活用いただけます。 また、紅参根などを煎じる際になつめを適量加えると、紅参などのもつ特有の苦味や酸味が緩和され飲みやすい味になります。

調理方法
乾燥したなつめで 料理の素材として欠かす事のできない存在です。更年期障害の改善や関節 リュウマチなどによる痛みの解消 消化機能の強化等の効能があります。水洗い後 スープ 煮物 粥 もり米のおこわ等に入れてお召しあがりください。

《なつめ茶》鍋になつめ 砂糖 水を入れ火にかける。一度沸騰したら弱火にしコトコト煮崩れるまで煮て飲む。
:再来物産 Yahoo!店


page Top ↑

トロピカルフルーツ

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.