【瓜】白ウリ、青ウリ、トウガン、ニガウリ、ハヤトウリ  

【瓜】白ウリ、青ウリ、トウガン、ニガウリ、ハヤトウリ

和食材料

ウリ
キュウリ
キワノ
メロン
スイカ

ウリは夏の風物詩で、江戸の頃は「うり売り」の声が夏を感じさせたと云います。関東地方では小さめの「東京早生」とか大きな「東京大しろうり」とか、皮が白くなる「しろうり」が好まれ、螺旋状に剥いて甘酢に漬けた「雷干し」が人気でした。

もちろん白ウリは関東だけではなく、関西の「桂うり」、九州の「縞うり」など地方独特のシロウリがあります。

シロウリは「マクワウリ」「メロン」と同種ですが、甘みがないタイプです。極めて近いものは意外ですが「キワノ」

属が違う「うり仲間」には、「トウガン」、「ニガウリ」、「ユウガオ」、「ハヤトウリ」など。
※ユウガオは殆ど「かんぴょう」に加工される為、野菜としての流通はほぼありません。



白瓜(しろうり)



はぐら瓜(はぐらうり)



冬瓜(とうがん)



糸瓜(へちま)※別称:ナーベラ


「ハグラウリ」は白うりの中でも一番柔らかい。
千葉や茨城などで栽培されている白ウリです。

ニガウリは今や「苦瓜・レイシ」というよりも「ゴーヤ」の方が通りが良い南国ウリ。白いのは生で食べられる「サラダゴーヤ」です。

ゴーヤほどの知名度はありませんが、沖縄ではゴーヤのように普通に食べられている「へちま」(ナーベラ)は、味噌汁に入れるとなかなか美味しいです。


ゴーヤ

ゴーヤはヘチマと並び沖縄の代表野菜です。ゴーヤという名称は沖縄方言で苦い瓜のことを指します。ゴーヤは独特の苦みがあります。表面のデコボコが大きく緑色が薄いものは比較的苦みが少ないと言われています。ゴーヤチャンプルで有名なゴーヤは、ビタミンCが豊富に含まれており、加熱してもビタミンCが減らない特徴があります。
:【築地通販】おいしいなショップ


ゴーヤ 苦瓜〈ニガウリ〉


ハヤトウリ

日本では最初に鹿児島に渡って来たため隼人の瓜ということで、ハヤトウリという名前に…
白色種と緑色種があります。果実は,洋梨を思わせる果形です。
果面に凹凸があり果実の大きさは縦10~15cm,横7~10cm,重さ0.5くらいです。
塩漬け,粕漬け,ぬか漬け,味噌漬けなどの利用が多いです。
また生食用としては,炒め物,煮物,和え物にもよくあいます。
:vege-euphoria


はやと瓜


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.