チョロギ  

丁呂木

和食材料

チョロギ(草石蚕、丁呂木)はシソ科イヌゴマの中国原産野菜です。日本での栽培は江戸時代から。

独特の形をした地下茎(塊茎)を利用します。
蚕の文字はこの形からで、大陸での発音が「チョロギ」の元だったと思われます。

意外にも栄養が豊富で、抗酸化成分やオリゴ糖などを含有しています。
味は淡白で歯切れがよく、生姜ようなピリ辛感が。煮物や揚げ物、汁の実、塩漬けにした後シソ酢やウメ酢で色付けした酢漬けなどに。

お正月のおせち料理には欠かせない食材で、「千代老木」や「長老喜」などの文字を当て祝い物として使用します。黒豆などにあしらうと引き立ちますよ。

国内では正月以外はあまり見かけないものですが、意外と海外のレストランではよく使われています。


丁呂貴(ちょうろぎ)  白

丁呂貴(ちょうろぎ)  赤


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.