慈姑  

慈姑

和食材料

クワイ(慈姑):オモダカ科オモダカ属
原産地は中国で、日本では秀吉の時代に京都で栽培が始まった。京都の伝統野菜でもあり、名産地は南山城。

中華料理で日常的に使われる水煮缶詰のクワイは、「オオグロクワイ」であり本種とは別のものです。

里芋類と同様塊茎を食すものですが、上部に芽が突き出しているのが特徴で、ここから「芽出たい」との語呂で正月におせち料理に欠かせない野菜になりました。

おせちに使用する場合は必ず芽を残して皮を剥き、酢水や米のとぎ汁などで下茹でしてから、煮物、揚げ物、鍋物などにします。



【国産】慈姑(くわい)


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.