薩摩芋  

薩摩芋

和食材料

サツマイモ(薩摩芋)
ヒルガオ科サツマイモ属
主に食用にする塊根部分を指している名称。

別名:甘藷/甘薯(かんしょ)、唐芋(からいも、とういも)、琉球薯(りゅうきゅういも) 和食の業界では丸十(まるじゅう)※薩摩藩の紋

薩摩芋の旬は冬。
収穫期は主に秋ですが、美味しいのは冬から春先までになります。
一ヶ月弱貯蔵乾燥させることで甘味が強くなり旨味が増します。

原産地はアメリカ大陸で、アジアに伝わったのは、コロンブス・ヨーロッパルートと海路で南太平洋を経由して伝播したという二つの説があります。

日本には中国から沖縄宮古島に(唐芋)、宮古から南薩摩(山川村の漁師)(琉球芋)に、江戸の将軍吉宗(青木昆陽)(薩摩芋)に。日本で広まったのは16~18世紀頃だったわけです。

野菜の中で最も甘く(糖質が多い)、育てやすいことから、飢饉の時などの「救荒食物」として重宝された歴史があります。

しかしエネルギー源としてはコメやムギの三割程度の効率しかなく、むしろ命を支えたのは「食物繊維」やビタミン類やポルフェノールなどの健康維持成分だったと思われます。

茎や葉に含まれる健康成分も注目されいて、葉はある種の薬にもなるようです。

サツマイモの品種

戦時中(昭和17年)に育成された【農林1号】という品種が長らく主流でしたが、昭和40年頃からは【高系14号】と【紅赤】が主流になりました。21世紀に入ってからは【安納紅】が大変な人気になっています。

肉の色は、黄色、紫色、橙色、白系などがあり品種によって色に微妙な濃淡があります。

紅赤(べにあか)/ 金時(きんとき)

別名の【金時】で呼ばれることが多いようです。
埼玉県で見つかった品種で、かつては関東方面で栽培されるサツマイモの代表的な品種でした。

「きんとん」にするのに最適なサツマイモであり、粘りがあるのに粉質の紅赤は、今でも和食や和菓子の職人にとって欠かせないものです。


紅赤金時


鳴門金時(なるときんとき)

「金時」という名が付いてますが、品種は「高系14号」です。

西日本の主要品種で、特に四国・九州での生産が多いサツマイモ。肉は淡い黄色、皮は紅色で、お菓子の原料などに最適な品種。

高系14号には他に、「五郎島金時」「土佐紅」「紅さつま」「紅ことぶき」などがあります。


鳴門金時徳島県産


ベニアズマ

これも関東で人気の品種であり、千葉や茨城産が多く出回ります。もっともよく見るサツマイモであり、代表品種と言えます。

品質に安定感があり、煮込んでも崩れにくいなど、煮物用、菓子用、そして焼き芋用と、万能性も人気の理由になっているのでしょう。


【紅あずま】茨城県産


安納芋

サツマイモのランキングを見ますと「安納芋」だらけになっています。

さつま芋ランキング

(※現在はやや落ちつている様ですが・・・)

この芋は「安納紅」という種名で、原種は「インドネシア・スマトラ島」の芋。その芋を種子島の農林センターが改良したものです。終戦後のことになります。

その苗で育てた芋が美味しく、安納地区で栽培が始まったことから「安納いも」と呼ばれるようになったそうです。皮色が異なる「安納こがね」と並んで、その甘さが評判に。

今のようなブームになったきっかけは、2004年頃にある食品メーカーが甘蜜のような芋として売り出し、それが大ヒットした事があるでしょう。2005年頃から様々なメディアで取り上げられるようになり、現在に至っているわけです。








Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.