百合根  

百合根

和食材料

ユリネ(百合根):ユリ科ユリ属

ユリ属には食用になるものが4種ほどあり、そのうち「鬼ユリ」と「小鬼ユリ」の根(地下茎の一種で鱗片が重なった球根のようなもの)が栽培されています。

東アジア一帯に自生し、昔から滋養強壮の薬として利用されてきました。日本での栽培は江戸の中期から。

栄養成分はじゃが芋に近く、ミネラルが豊富です。
食物繊維や葉酸も多いですね。

ほこほこしたでんぷん質の食感が特徴。
茶碗蒸し、汁の実、揚げ物、丸ごと含め煮など。

水洗いしてオガクズを落とし、裏側の根をえぐり取りとって鱗片を1枚ずつ剥がし、下茹でして使います。

保存する場合はオガクズのまま冷蔵して約2ヶ月は大丈夫。洗ったものは約1週間程度。
冷凍する場合は蒸すなど火を入れてから保存用の袋に入れて冷凍します。



ゆり根(北海道美瑛・富良野産)


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.