コスミック団十郎  

コスミック団十郎

和食材料

木屋が開発した粉末製鋼コスミックスチールによる包丁がコスミック団十郎。
ステンレス鋼でコスミックスチールを挟み込むスタイルです。RC63.5~64.5のコスミックスチールを62程度に仕上げているようです。硬度と粘りのバランスはこれくらいのものでしょう。粗い扱いにも充分耐える包丁だと思います。



コスミック団十郎


粉末合金鋼・コスミックスチールとは・・・

◎熔解した特殊鋼をガスアトマイズ装置の中で高圧の窒素ガスを吹き付け、赤い霧状にして 急冷すると鋼の微粒子(直径約100ミクロンくらいの球状)になります。

◎この鋼の粉末を軟鉄製の缶に詰込み、真空に脱気処理後密封し、熱間静水圧プレス(HIP)装置にかけて 約1000℃、1000気圧の高温、高圧で処理すると鋼の粉末は熔解することなく固まって鋼塊になります。 後は鍛造し、ロール圧延して鋼板にします。

◎更に熱間でプレス型抜きし、焼き入れ後サブゼロ処理(-75℃の深冷処理)と焼き戻しを繰り返すという 難しい熱処理工程や何種類もの研磨工程を経てようやく庖丁の完成に至ります。

◎ステンレスではありませんが、高クロームのためサビにくく、硬度も驚異的に高く、靭性も高い理想の刃物鋼です。

◎サビにくく、切味が驚くほど長持ちし、刃コボレしにくく研ぎやすい、現在最新で最高の鋼材です。

日本橋 木屋 HPより

刃物の木屋


コスミック團十郎 和庖丁


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.