柳のまな板  

柳のまな板

和食材料

柳は、まな板の素材として最高の素材と言われています。稀少性が高いため高価ではありますが、柳の木の持つ、緻密性、柔軟性、弾力性、耐久性、そして軽くて水に強いので腐食しにくい、といった特性は、まな板に最適です。手入れをすれば20年以上も使える、まさに一生物のまな板です。それ故古くから多くの職人、料理人に愛用されています。: IKESHO


柳 一枚板 まな板



ヤナギ(柳)業務用まな板


※要在庫確認



【京都白木屋】ねこ柳の木のまな板

木のまな板では最高級の素材です。
天然木を柾目取りし、虫食い、節、皮や葉の 巻き込み部分をすべて除き、選りすぐった部分のみで 作り上げた芸術品のまな板です。

 ねこ柳の天然木の柾目取の一枚板をまな板にしています。
丹波、但馬の山中から切り出し、製材した後7年以上乾燥し最高の部分のみ まな板にしたもので、もったいないですが8割以上捨てて、 かつ厳選したもののみ、商品として販売しています。

 昔から、最も良いといわれているのが このねこ柳のまな板です。
木が弾力性があり柔らかいため、包丁の刃があたった部分が 一瞬へこみ、すぐに戻ります。そのため、包丁の刃を守ります。
まな板への刃のあたりがソフトで、手への衝撃が少ないです。
【京都白木屋 京都こだわり.ショップ】


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.