木製器  

木製の器

木製の器としては「漆器」も含まれますが、塗りをせずに天然木の匂い立つような質感を出した木の器は工芸品として各地にあります。

杉や檜の香り、木目の自然な美しさ。青竹の清々しさ。
これは日本人の好みにピタリで、もっと和食器に使われも良さそうなものです。

器としてあまり普及しないのは木地素材独特の弱点があるからです。
耐久性の問題ですね。
水を吸い、湿気に弱く、割れやすく、傷みやすい。
この弱点は料理に使う器として致命的です。
なので、何らかの塗料で皮膜するとかの方法が施されるのです。

したがって木を器として用いる場合、様々な形体がある和食の器に適応させるために、塗りにしたり合成樹脂と混ぜあわせて弱点をカバーしたりすることで色々な形の器にしています。
木地のみで塗りも何も施してない工芸的な品はある種の用途(調理道具・什器など)には大変便利ですが、器としての範囲はやや狭くなってしまいます。


竹製の器

天然杉

ひのき

曲物(曲げわっぱ)

竹製盛り器

ひのき盛器

懐石盆


盛台・盛器

和食で木目の質感を利用する器として現在最も使われるのは「盛器」でしょうね。
ひと口に「盛器」と言っても、板に台に縁高、形態も俎板・高足、桶型、船型、実に様々です。
陶磁器以外で素地が木製のものを以下に紹介します。(陶磁器は鉢と皿が主体です)
天然木が高価になった事や木の扱い難さから、合板&塗り系が主流になっています。


高台盛器


手提げ盛器


隅切透かし盛器


舟型盛器 白木3尺日本橋


そば鉢盛器 黒内朱 尺6寸


松葉盛器


福井クラフト 盛器・盛台・盛桶


井桁盛器


8.5寸七福杉盛台


丸桶盛込器 目皿付


小判桶盛込器 目皿付

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.