和食器の型(形)  

和食器の型

 

和食器は奔放で自由自在な形が大きな特徴です。作り手の個性次第、無限といえるほどの造形で、さながら自然界に存在するあらゆる事象を切り取って表現するかのようですね。

実用においては画一的な西洋のプレートが便利で、和食器は使いづらいものですけども、それを差し引いても余りあるほどの魅力を和の器は持っています。

しかし、どのように多様な姿形であっても人の手による物は例えばCGの様な表現は不可能です。三次元的な物理的制約があるからですね。そして材料の土や木材の特性による限界。なので、ベースとなる基本形は決まっております。円形と角形です。円と角から派生させていく他ありません。それを念頭においておきますと複雑な器も多少とっつきやすくなりますよ。

ここでは、和食器に使われる代表的なタイプ(型)を紹介致します。和食器の形ですね。他にも沢山の形がありますが、すべてを紹介するのは不可能ですので、主なものだけを取り上げています。



和食器の形


角型

四方・角長皿・まな板皿
長丸皿・菱・角違・五角・
八角・隅切・短冊


開扇・半開扇・扇面

丸皿

もっとも多い形です。
ここでは皿ですが、椀も鉢もやはり丸型が基本。

輪花

菊をはじめあらゆる花がモチーフです。

楕円(小判)

銅鑼(ドラ)

ドラは日本では馴染みが薄いもの。
だからでしょうか、「太鼓」に近い形です。

なぶり(縁なぶり)

整った型の器の口縁を波打つような形にしたもの。
「なぶり」、「三方なぶり」、「四方なぶり」等
たんに押して湾曲させたものは「片押」、「二ッ押」、「三ツ押」

木瓜

木瓜(もっこう)とは、平安時代からある家紋です。
ウリを輪切りにした形、鳥の巣が抱える卵、そんな造形。 衣服の柄やすだれの帽額(もこう)などに使われたことから木瓜の字を。
4~5の花弁に文様を描いたものが多い。

瓢(ひさご)とは、ひょうたん・ふくべのことです。


和食器の種類 | 和食器の文様(模様)  |  産地別の器 |  和食器の材質(陶磁器・漆器・木製器・硝子器)



↑ PAGE TOP

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.