濁手と柿右衛門  

濁手と柿右衛門

濁し手(にごしで)
米のとぎ汁のような乳白色。

有田磁器の初期、酒井田円西と息子の酒井田喜三右衛門は佐賀県西松浦郡有田町に移住し、陶器や白磁、染付などの磁器を製作していた。

のちに喜三右衛門は乳白色(濁手)の地肌に赤色系の上絵を焼き付けるという赤絵磁器の焼成に成功し、「柿右衛門」を名乗る。この作風は「柿右衛門様式」と呼ばれるようになります。
初代以降、酒井田柿右衛門は継続しており、現在は第十五代になる。

柿右衛門様式の特徴は乳白色の余白。
鍋島や他の伊万里と違い、大きな余白をとって白地を見せる。
これによって地色の濁手(乳白色の地色)が非常に美しく映える。
赤色系が基調の大和絵的な花鳥図は非対称である。
器口縁の「口銹」と言われる銹釉も特徴のひとつ。
※赤だけではなく黄・緑・青・紫・金も使うが、
基本は【赤】【群青】【青緑】【赤さび】である


芥子花紋皿

日本では初めて赤絵付けに成功し、日本だけでなく遠く海外まで影響を与えた(磁器の発祥地景徳鎮にさえも柿右衛門様式は影響を与えた)柿右衛門の器はある意味で「和の美、その極み」と言えましょう。その「余白取り」は明らかに後世の美術、また日本料理にも深い示唆を与えました。

盛り付けのなんたるかを知りたければ柿右衛門をみろ
自分が尊敬する板前の言葉です。


三浦古美術WEB


酒井田柿右衛門(喜三右衛門)。有田焼の職人で、もとは陶器や白磁、染付などの 磁器を製作していたが、17世紀前半に赤絵磁器の焼成に成功した人物。 初代は乳白色(濁手/にごしで)の地肌に赤色系の上絵を焼き付けるという柿右衛門様式 と呼ばれる磁器の作風を確立する。その後、作品はヨーロッパなどにも輸出され、 マイセン窯や磁器発祥の地である中国の景徳鎮窯にも多くの影響を与えた。 乳白色の素地(濁し手・にごしで)に、華やかな色絵付けを施し、 余白を生かした絵画的な作品となっている。 典型的なものは柿右衛門窯の制作と考えられますが、他の窯でも類似の物を数多く作ったので、 これらを総称して柿右衛門様式と呼ばれています。
三浦古美術WEB

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.