釉裏紅 和食器の文様  

釉裏紅


釉裏紅 角小鉢

釉裏紅の角小鉢。草花文が手描きで描かれた清水焼です。
綺麗な曲線で外側に開いた上品なかたち。整った角形と朝顔形に広がったかたちが、うまく調和しています。

釉裏紅とは、ガラス釉の下(裏)に絵付けされた紅色のこと。
ガラス釉の上に絵付けされる赤絵とは異なり、いわゆる下絵付けと呼ばれる技法です。
中国明時代より始まった釉裏紅は、その高貴な色合いから貴人にも尊ばれてきました。
金を顔料に用いる特殊な焼物。
現代の京焼でも作り手は限られ、再現は難しいといわれています。
松本石亭

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.