伊羅保/イラボ 和食器の加飾手法  

伊羅保/イラボ

伊羅保(いらぼ)は元々高麗茶碗の一種。
鉄分の多い荒い土で肌が焦げて、器の表面がイボイボしている。

手触りの感じからイラボと呼ばれるらしいが、定かな事は分からない。
本当は梵に関係するのかも知れないと思ったりします。
薬師如来に関係する何かです。
たんに手触りが「イライラ」するからイラボではちょっとね・・・







Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.