青白磁 和食器の加飾手法  

青白磁

青白磁(せいはくじ)は白磁と青磁との中間の色調を現す磁器。
白色の素地に青みを帯びた透明な釉を施す。
影青(インチン)と呼び、中国宋元時代に景徳鎮や華南の各地で焼かれた。



青白磁菊彫高台盛皿 有田焼


渕金朱青白磁15号皿 有田焼


青白磁8寸水面皿


青白磁・屋久島大皿


青白磁スプーン型小付

せともの本舗 青白磁


Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.