三島手 和食器の加飾手法  

三島手

三島手(みしまで)の名は静岡・三島大社発行の暦と似ているからとされる。
代表的な手法は、灰鼠色の生地に線彫やスタンプにて文様を描き、白土で白化粧、それをはいて拭きとった後、透明釉をかけて焼く。
独特の点線模様が三島大社が発行した暦に似ている。


三島手徳利

Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.