掻落し 和食器の加飾手法  

掻落

掻落(かきおとし)は、筆を使わず文様を出す装飾法。
「掻き取り」ともいう。

生地が生乾きの状態で色の異なる化粧土・釉薬・絵具などを掛ける。文様の箇所をヘラなどで掻き落とす。それを焼いて下生地の色を出す。


掻落 茶道具 皆具







Copyright © 2017 手前板前 食材館. All Rights Reserved.