コロナは大丈夫ですか?~コロナ禍だから見えてきた「いろいろなモノ」

今朝(21年4月25日)、奄美の地元紙「南海日日新聞」の一面トップに、【緊急事態、2年連続GWに】という記事がありました。

読んでいたら、以下のような文字列が、

>あまみ大島観光物産連盟には、「ゴールデンウィークに奄美大島に行っても大丈夫ですか」といった電話での問い合わせが数件寄せられているという。
南海日日新聞

これ、ものすごく印象に残りました。

こういう組織の担当者が、「コロナは大丈夫ですよ」とか、「危険なので来ないで下さい」とか、そんな断言調に言えるわけがないくらい、常識のある大人だったら誰だってわかると思うんです。

そんな質問に答えられないのは、電話する前に分かるでしょう、普通。日本が今コロナでどんな状況になってるか、毎日くどい程ニュースでやってるわけだから。

人間には見ることも感知することも不可能な感染症のウイルス、それを「大丈夫だ」「大丈夫ではない」と、どこの誰が言えるんですか。

「ゴールデンウィークに奄美大島に行っても大丈夫ですか」とか電話で訊いてくる人は、いったい相手にどう答えて欲しいんでしょうか?

もし「大丈夫です」と言われたら、緊急事態宣言の都市からでも奄美に来るつもりなのでしょうか。そして運悪くコロナ感染したら「大丈夫ですと言ったあなたの責任です!」ですか?

そもそも「行っても大丈夫ですか」という問いには、「自分が感染していて奄美で広げてしまうかも」という想定もないように思います。ただただ自分だけは感染したくない、そんな気持ちしか感じられない。

あまりにも主体性というか、自己判断能力が欠けていて他力本願全開というか、あきれてしまいます。

この国のコロナの現状を見れば、大丈夫か大丈夫でないか、それは本人が判断することですよ。不安があるなら行動を控える、自己感染源の疑念があれば検査を受ける。それしかないわけで、なんで自分の行動すら自分で決める事ができないの。

でもこれ、よく考えると国全体がそうなんですよね。

もう1年を遥かに超えているのに、収束どころか3回目の緊急事態。この期間いったい何をしていたのかと。

【封鎖・隔離・検査】の徹底で収束させられる事はもう分かっています。諸外国に実例がありますし。

分かっていても出来ないわけです。経済的に崩壊しますから。経済が心配でズルズルと先延ばしを繰り返す。やってる感だけで、本当に効力のある対策はしない。

そんな事をしているうちに、また感染拡大。そして緊急事態宣言。いつまでやってるのコレ、です。

経済が心配だからナアナアでやり過ごすうちに、結局また感染拡大して経済を麻痺させる結果になる。

分かっているけど止められない

国が、国民全員がそうなってるんですね。

誰が止めてくれるんでしょうかねえ、これ。
神風でも吹いてくれればいいんですが。

コメント

タイトルとURLをコピーしました