固定観念が破壊されてモヤモヤ感が解消した『道法スタイル』

まったくの素人ながら、園芸を始めてからいつの間にかもう三年目に。

書籍やネットを頼りに農業・園芸の知識を吸収して果樹などを育成。得た知識を実践しながら「なるほどなあ」「こういうふうに育てないといかんのか」

そうしつつも心の中で「なんだろうな」「なにか違うような気がする」「でも教科書的にやるべきなんだろう。僕はシロウトなんだから」

先人達の慣行を黙って真似しながら、「う~ん」と疑問になってしまう事柄の代表が「肥料」「農薬」そして、「剪定」と「誘引」

果樹で剪定・誘引といえば、「木を上に伸ばしてはいけません」「横に広げた方がよろしい」「徒長枝は必ずちょん切るように!」
どこの指導でも必ずそうなってるので、そうしてます。

でも僅か数年ですが、植物を観察してると「元気の良い枝はとにかく上に向かって立ち上がる」んですね。これを「邪魔にしかならない」という固定観念(教え)でバッサバッサ切るわけで。

「これなんか変じゃないのか」「木が成長したがってるのに邪魔をしてるわけで、これで木を健康に育てていると言えるのかな?」

疑問はあれど、シロウトだし経験の深い人からは一蹴または一笑に付されてしまうだろうなと。

「肥料」「農薬」にしても、まず「なんでこんなに金がかかんの!」「おかしくないか」「これだけ金使って本当に見合った収穫があるんだろうか」

でもあらゆる「教え」によれば、そうしないと美味しい果物など出来るわけがないと、だいたいはその方向。

「う~ん」と思いつつも「そうしないと駄目なんだ」と慣行を踏襲していました。

 

そして最近になって『道法スタイル』を知り、驚愕。
僕の「モヤモヤ感」すべてが氷解してしまう程の衝撃。

遅まきながらというか、「いまさらかよ!」と思う方もいるんでしょうが、僕はネットを含むメディア全般をあんまり見ることがないので今頃になって知ったのです。

『道法スタイル』というのは、
「肥料も農薬もいらん!」「横へ誘引するな!」「立ち枝を切ってはいかんでしょ!枝を立てないと話ならんよ」
簡単に言えばそういうスタイルです。

なぜそうなるのか?
核心は「植物の成長はホルモンが左右する」ということで、栽培する者は「余計なことを」せず植物ホルモンのバランスを整えるだけで良いと。このへんは少しだけ専門的な話なので、道法先生の本などで直接確認したほうが良いと思います。

元農協指導員の先生、しかも実践で証明しておられる人がそう断言してるんですから、これはもう感動モノというしかないですね。

既得権と中間マージンとボッタクリで成り立っている現在の日本で、上記のような発言をすれば(しかも農協という組織の中にいて)、どれだけ激しい反発と圧力があったのか想像に難くない。

それらを跳ね除けて持論を証明しながら理解者を増やし続けた。まさに信念・理念、勇気と行動力の鬼みたいな先生です。

そしてその理論は水の流れのように自然で、淀みなく矛盾がなく理解しやすく簡単で、思いきり理にかなっているのです。

これまでの植物栽培についてまわったモヤモヤ感が、すべて吹き飛ぶような、霧が晴れるかのような納得感。素晴らしいとしか言いようがない。

 

遅まきながらと言いましたが、三年目で『道法スタイル』を知れたのは幸運だったのかも。3年だと果樹はまだ幼木のようなものだから、やり方を変えるのにそれほど苦労しない筈だからです。

もちろん今後は『道法スタイル』を真似してみるつもりでいます。

だって成功すると農薬や肥料と縁が切れるんですよ!(バカ高価い除草剤とも)

それでもし美味しい果実ができれば最高です。専業ではないのでリスクもないし、やらない理由がない。

苗木が弱いうちは無農薬は無理だと思いますが、「垂直仕立て」「弱肥料からやがて肥料なし」はすぐ実践できそう。

幸いにも僕がメインにしたい柑橘「津之輝」は開帳性ではなく直立したがりの木。自然に枝が立つので丁度良いかも。

『道法スタイル』、既にご存知の方が多いでしょうけど、もしも知らなかったりする人がいたら是非この機会に読んでおくべき本だと思うので、下記にリンクを置いておきます。
道法 正徳 著
道法スタイル


 

僕の個人的な感想を書いておきます。

『道法スタイル』の概要は、「与えられすぎて逆に駄目になっていた」という解釈も可能でしょう。

僕の頭に浮かんだのは、魚山人さんが折に触れて手前板前に書いていた、「食の過剰が現代人を蝕んでいる」という話。

和食と健康 手前板前

大昔の人達は若くして疫病等で命を落とさず成人した者は異常なくらい健康であった。現代人とは比較にならないほど頑健で体力があった。

現代と比べると非常に貧相で栄養のない食事をしているのにパワーがあった。

女は数百キロの米俵を持ち上げて運び、男は江戸から今の千葉や静岡までトップマラソンランナーを上回る速度で駆けた。剣士は青竹を握力で破壊できた。

ごく普通の人でも山道を何十キロも苦もなく歩く。

それに比べて今の人間は病的なほど脆弱である。
背も伸びたし体力も向上したのに、それは見かけだけで中身は「弱い」のだ。

日本人の寿命が伸びたと喜ぶ者は、医療と福祉の現実を何も知らない人だけだろう。ただ無理やり生かされているだけでは生きているといえない。過食ではおそらく寿命も短くなっていくし、食を減らせば健康で長生きできる筈だ。

「与えられすぎ」が脆弱さの最大の理由であろう。
「食べ過ぎ」と「過保護」が現代人をひ弱にしている。

「食べ過ぎて体内の栄養バランスを崩しているのだ」

そういう内容です。
よく似てると思いませんか。人間か植物かの違いはあれど、「生物」としては同じ。

過剰が健康な生育を阻害していた。

「肥料の与えすぎがミカン(作物)を不味くし、無理な枝曲げと薬剤散布で自分の身を守るホルモンを出さなくなっていた」

断捨離というかシンプルに戻るというか、植物もやはり過保護は駄目だったのだろう。そんな感想です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました