アンチエイジングのいきつく果て

さて 今日は

人間なら誰しも一度は夢想する 不老不死 が

テーマじゃ

ワシなりに足りない脳みそで考えてみた

読んでくれい

 

その昔

クローン羊ドリーの誕生が世界に衝撃を与えたとき

若返りを熱望する金持ちのマダムから

問い合わせが殺到したらしい

アホかい

この手の勘違いは多いのう

最近観た映画 『アイランド』 は

かなり正確にクローンというものを表現しておったが

要するにクローンをツクルというのは

細胞単位で同一でも

自分とは関係ない

別の固体が存在するようになるだけのハナシで

自分の若返りなんぞに関係はない

もっともクローンから内臓や皮膚を移植するのなら

ハナシは別じゃが

その場合は現在全世界の研究者が血眼になっておる

「ES細胞」 を

培養したほうが早いし手間もかからない

研究は加速しており

いずれ細胞分裂のメカニズムも

ときあかされる日が来るのも遠くはなさそうじゃ

そうなれば自分の鼻水からでも

皮膚や内臓どこでもピチピチの新品を自由に再生できる

老化とは

一言でいえば

細胞分裂が減って止まる事 じゃ

研究者は現在 分裂回数を延ばす努力をしておる

テロメラーゼ遺伝子を細胞に組み込んだり

ガン細胞から分裂を促進する遺伝子を

ヒトの細胞に導入し分裂回数を延ばすのを

成功させたりしておるようじゃ

これもいずれ画期的な発見があるにちがいあるまい

そして体細胞の老化を根本的に消し去る技術も

確立するじゃろう

やっかいなのは 脳神経細胞じゃ

身体は若くても ボケたら話にならん

脳はあまりに複雑で

今もってほとんどなんも解明されておらん

テレビなどで

なにやらモノモノしい機械装置を頭に装着して

脳内を探るような場面をみて

ああ科学は進歩してるんだぁ

なんておもっとらんかい?

あれは PCのCPUに聴診器を当てて

パソコンが

何を考えておるか知ろうとしてるのと同じじゃ

脳内のシナプス連結が

どんな内容の情報をやりとりしとるのか

外部から知る方法はまだなにもない

しかし

このままコンピューターが進化を続ければ

いつかは

コンピューターに人間の精神をダウンロード出来る

多くの科学者はそう考えておる

全人格を保存し

同じく進化してるはずの

バーチャルリアリティ技術を使って再生する

それはもはや現実と変わらない

『マトリックス』 の世界が実現するのじゃ

この流れからして

いつか人類は寿命を好きなだけ延ばせる様になり

肉体を捨て去った不死の存在になってゆくのだろう

 

しかしのう

自分のコピーを自在に作れるようになったとしてもじゃょ

たとえ人生の全記憶

つまり全人格が同じでも

それは自分なのか?

宇宙論や量子力学の専門家によれば

この宇宙は多次元構造をしており

無数に枝分かれした世界が存在しても

おかしくないらしい

仮にそういった時空間の気の遠くなる広がりのなかで

もう一人の自分が

様々な人生を

あるいはまったく同じ人生を

過ごしているかもしれん

それでも

もし100万の自分がいたとしても

自分のオリジナリティはゆるぎないはずじゃ

 

数千億の時空の流れの中

ただ一度きりで永劫にやり直しできない

文字通りかけがえのないもの

ソレが人間の 人生 じゃなかろうか

だからこそ

若返りや老化防止などに

無駄なエネルギーを使うよりも

「死ぬまでにどう生きるか」

答えをみつけるんじゃ

 

アンチエイジングは現代人の心に食い込む言葉じゃ

こういう甘い言葉には 害虫もたかりやすい

美しさ求める心を突かれて

詐欺師もどきに引っかからぬように

気をつけるんじゃよ

2006

コメント

タイトルとURLをコピーしました