あなたは誰?

あなたという人間の正体は

記憶です

( 誕生以来今日までのあなたの全記憶 )

( 人格/あなたそのもの )

 

《記憶喪失のヒトは全記憶を失ってる訳ではありません
もしそうなら 歩けもしませんから 》

 

あなたの脳は

日本語という O S で フォーマットされており

神経細胞間のシナプスの

恣意的な連接で形成された個々の記憶が

あなたの全人格を構築しています

 

たとえ双子やクローンであろうと

この配線パターンは同一ではなく

人間の数だけすべて違う

 

しかも配線には可塑性があるので

細胞の発生や死によって

結線されたり 切れたり しており

切れた場合 その部分の記憶は もう 戻らない

 

感覚器へ向かう 視神経 などが 12対

延髄から全身へ向かう 末梢神経 が 31対

( これらはそれぞれ数千万の神経細胞で出来ている )

この 神経系 もすべて含めた

によって

記憶/人格 は形成され メモリ される

 

さて

人格とは記憶であり

脳がその記憶をコントロールしている事は

分かりましたね

 

ここで

仮に S F に出てくる

テレポーテーション が 可能だとします

 

銀河宇宙の移動による角運動量の誤差

位置エネルギーの解放や吸収

エネルギー保存則

光速の絶対性を無視した因果律の崩壊

等は

解決したものとして

 

数マイクロ秒以内に

人間を他の星へ移動させる装置が

あると考えて下さい

 

あなたがこの装置で

100光年彼方の惑星にテレポートしました

向こう側に瞬間的に現れるあなたは

こちら側から装置で送られたあなたと

原子の一個にいたるまで同一であり

従って

記憶/人格 も あなた自身に間違いなさそうです

 

さあ 考えてみて下さい

時間と空間を飛び越えて

瞬間移動したあなたは

 

本当に、、、、、

送られる前のあなたと

同じ人間ですか?

 

少し書き足しておきますと・・

物質転送装置に入るときに

あなたの身体はバラバラになり

全分子の状態や位置を記録した

転送情報に変化します

 

つまり・・・・

ここであなたは一回

完全に死ぬのです

 

ちなみに

送信中の情報にノイズが混入するのを防ぐのは

非常に困難ですね

 

科学、哲学、宗教 などからの

アプローチも可能ですよ

まあ イロイロ考えて

楽しんでみて下さいね~。。

 


「日本語というOS」っていう言い方、面白いですね。

個人的には、テレポテーションとか関係なく、
「今の私と一瞬後の私とは同じなのか」
(一瞬前の私と今の私とは『同じ』なのか、でもいい)
という問題と理解しました。

Posted by ◯◯◯ at 2006年04月20日 09:18

人間の「成長」とか「進化」という言葉を思い出しました。
◯◯◯さんのコメントにも似てきますが、
人間のカラダの中では、常に新しい細胞が生まれ、古い細胞が死んでゆく。
人間の細胞は、11ヶ月ですべて生まれ変わるという話もあるようです。
肉体のレベルで考えると、「一瞬前の自分はすでにない」と考えることもできます。
一瞬前と同じ細胞の状態。
それは新しい細胞が生まれることのない状態。
すなわち、個体の死を意味します。

人間の思考はどうなのか。

脳を構成しているものも細胞ですので、入れ物は絶えず変化していると考えることができます。
また、人格が記憶として定義されるのであれば、
この瞬間も絶えず新しい情報が記憶領域に流れ込んでいます。
新しい情報が入る一方で、自分に不要な情報は
「忘れる」と呼ばれる作業によって消えてしまいます。
記憶が絶えずアップデートされるとイメージすれば、
一瞬前と同一の思考を持つものはいなくなります。

肉体的にも精神的にも、人間は絶えず変化しているし、
変化することが、神とか創造主とかから唯一
すべての生物に与えられた「同じもの」ではないでしょうか。
大いなる時間の流れに逆らうことなく、
人間として、その前に自分自身が
よい方向に変化していきたいと思います。

生きている間は。
Posted by ◯◯◯ at 2006年04月20日 14:26

記憶と学習(行動学習)ってのは違う。

ただ単に覚えたものを使うのは記憶で十分。

学習(行動学習)ってのは、記憶じゃなくて

できなかったことを獲得したり、全く新しいものを創造する能力。

だから記憶より人間にとって重要なのは学習(行動学習)。

例えば臨機応変などが大切なんだな。

かのアインシュタインは記憶力や計算能力は良くなかったらしい。
Posted by ◯◯◯ at 2006年04月20日 21:37

コメント

タイトルとURLをコピーしました