サトイモの収穫

成長した里芋の葉と茎 栽培記録

まだ8月の始めですが、里芋を収穫しました。さすが亜熱帯の奄美大島ですね。本土の収穫はたしか秋口です。

うちでは畑植えのサトイモと、水を張って育てる湛水栽培サトイモ、2種類のサトイモを作っています。本格的に作っている人は水田栽培していますが我が家は小さな沼地みたいな場所に植えています。

湛水の方のサトイモは主に葉柄(ハスイモ・ズイキ)を食べる用で、今回収穫したのは畑で作った塊茎(いも)を食べる普通の里芋です。

ハスイモの料理法

サトイモが成長する様子

春に植えた種芋からすぐに芽が出て

芽が出た里芋

初夏にはこんなに大きく

成長した里芋の葉と茎

半年もかからず食べられるまでに

収穫した里芋

たった一株の親芋からこんなに沢山の子芋が

収穫した里芋2

コスパが良いというんでしょうか、食べきれないくらい収穫できそうです。

子芋、孫芋を取ったあとの親芋も食べられます。

里芋の親芋

大きさも丁度よくて、美味しそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました