奄美でも台風に警戒中

台風避難の苗 管理人Y 南の島【奄美】での暮らしと農業見習い

020年9月2日(水)の午後現在、台風9号は五島市の南西あたりにいて時速20キロで北に進んでいるようです。

通過したはずの奄美にも、まだ強い風が吹いています。

風で揺れる奄美のサトウキビ

さとうきび畑

大型の台風だからか、奄美が台風の東側になっているからか、その両方でしょうが、影響が長引いています。

8月になってから強い台風が通過してますが、今年の台風は「速度が遅い」ですね。

沖縄・奄美の台風は接近してもおよそ半日くらいで通過していき、去ったあとは爽やかな晴天になる事が多いのですが・・・

9号などは発生したフィリピン東に長く居座り、ノロノロと沖縄まできてまたスピードダウン。警戒していた奄美でも丸々一日以上風や雨が。

9号、幸いにして奄美には「かする程度」でしたが、遅い台風というのは怖いですね。予報がコロコロ変わっていましたし、予報士さんも大変だと思います。

8月の台風8号で警戒していましたから、9号が日本に向かうのが確定的になった時点でいろいろと備えておきました。

農機具などを収納している納屋のサッシ扉に板を打ち付けて

納屋にコンパネ

育苗中の挿し木類も納屋の中に避難

台風避難の苗

9号は直撃しない様子なので、鉢で育苗している果樹類は納屋収納ではなく風の当たりにくい場所へ移動するだけで

果樹苗の鉢植え

続いて台風10号も発生していて、これも大型になりそうですし、備えあれば憂い無し(憂い無しと言っても恐ろしさはありますが)

予報を見ると、10号は強い勢力で奄美に接近しそうです。現段階で正確な予報は無理でしょうが、警戒しておかないと何が起きるか分かりません。あとは最悪コースから逸れる事を祈るだけです。

夏が暑くない(”猛暑日”にならない)奄美・沖縄の不思議

台風の通り道になる南西諸島の奄美ですから台風に関しては覚悟を決めているというか諦めるしかないんですが、夏の暑さについてよく誤解されていることがあります。

東京の友人と電話で話すと、挨拶代わりのように訊かれます。

「関東は今日、ものすごい暑さだったよ。ここでこんなに暑いんだから南の奄美は地獄だったんじゃないの?」

そうではなく、本州や九州四国の気温が40℃近くになっている時、奄美・沖縄の気温はせいぜい32~33℃にしかなりません。

つまり真夏の最高気温は日本本土の方が高くて、南の島はそこまで上昇はしないんです。

沖縄・奄美の気温が35℃をめったに超えない理由は、おそらく「周囲を海が囲んでいる面積が狭い島」「高い山がなくフェーン現象が起きにくい」から。でしょうか。

でもこれは「気温」がそうだというだけの話。
太陽光線の強さは日本本土と比較にならないくらい強く、南国の直射日光は「危険」の領域です。

車を閉め切って直射日光にあたる所に数時間駐車しようものなら、これはもう何というか表現のしようがない思いをしますし、触る場所によっては火傷することもあり得ます。

今年の春、ミカンの苗木を植えた(接ぎ木)のですが、元気よく新葉が出たと思ったら、5月後半からの暑さでヨレヨレに

暑さで萎れたミカン

萎れが病気や害虫のせいではなく、日光のせいだという証拠に、日陰におくと(または夜を経過した朝方には)、下のように復活します。

復活したミカン

 

太陽光線が大好きなミカンでさえこの調子。やはり日差しが強すぎるのでしょうね。
来年以降、幼木・若木のうちは遮光ネットなどで対策する必要がありそうです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました