生け垣としてネズミモチを植える

ガジュマル 樹木など

主に作業する畑は山裾にあり、荒れ果てた山を開墾したという自負もあるので、微妙な愛着もあります。

それとは別に海のすぐ近くにも一つ畑があります。
この地所の境界が少しアヤフヤだったので、役所で詳しく調べてから垣根を設置することにしました。

というのも、すぐ隣に人家があるからで、やはりキッチリしとかないと色々とマズイ・・・揉め事は嫌ですし。

とはいえ今まで完全放置で、畑として利用もしておらず、家からはやや距離があって・・・など諸々の理由でブロック塀などを作るのはもったいない。

で、境目に木を植えてみようと。いわゆる生け垣・垣根。
もちろんそんなものは人生初。何をどうすればいいのやら・・・

ネットで調べてみた結果、ネズミモチという木が良さげ。

実はすでに生け垣兼防風林は家にも山畑にも存在していて、最初はこれを挿し木で増やして使う算段でした。

ハマイヌビワ

元気の良い木で姿形も良い。これを増やせば生け垣用の木を買う必要もないし。

で、この木はなんて名前なの?
・・・誰に訊いても分かりませんでした(笑)

調べてみると、どうも「ハマイヌビワ(浜犬枇杷)」とかいうらしい。
昨年から観察してると成長もすごく速いみたいだし、「これが良い。挿し木で増やそう」と決め、さっそくプランターに枝挿し。

ところが挿した後になって、この木はガジュマルの木と同じく石やセメントの中でも根を大きくするとの記述を発見。

近くの道路基礎石に潜り込み、道を破壊してしまいそうなガジュマルの図

ガジュマル

マメに剪定していればそんな凶暴な根にならない筈ですが(確信は全然ないけど)、できるかどうか分からないのでこの木はヤメにしました。大きくなって気根が増えたら薄気味悪いし手に負えないし。

というわけでネズミモチを購入。

歪んでますが(笑)布掛け支柱も完成。

ネズミモチ
幼木で細い幹だけど、なんか先々期待のできそうな姿。

ネズミモチ2

ついでにネズミモチの仲間でさらに大きくなるトウネズミモチも植えました。

トウネズミモチ

ケンムン(奄美・冲縄の妖怪とか妖精みたいな存在)の棲み家だといわれある種の荘厳さ神秘さのあるガジュマルですが、大きくなれば邪魔にしかならないので。枯らす事に決め、その代わり(防風林として)「トウネズミモチ」を植えたのです。

ネズミモチとトウネズミモチ、ふたつ共成長が早いらしいので(特にトウネズミモチは速いらしい)楽しみです。トリマーで刈り込みまで何年でしょうか。

※ハマイヌビワとガジュマルに関する記述は自分でも確信がもてないアイマイな内容です。ご注意ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました